2009年08月08日

面接

面接の時間になり、会社事務所に行くと…
当然ながら怪しい人がいた。
面接即決なんて うたってる派遣会社の九割は、怪しいピンハネ企業だと判ってはいたが、今欲しいのは住居だけであって、金や仕事内容は二の次であった。

だが面接の終わりに
『オレ車ですよ』
と何気なく言うと、何だか知らないけど怒りだした!
『そーゆうのは最初に言ってくれなきゃ困るんだよ!』
オレに取っては、最初の接触であり早く言ったつもりだったのだが、とりあえず そこは突っ込まず
『じゃーいいですよ…他探しますから』
と言って退席しようとした所
『いやいや、そうは言ってないよ』

ふふ…勝ったw

そう思い、もう少し話しを聞く事にした。

話しが全部済むと
『とりあえず名古屋の本社まで行ってくれ』
て事で、名古屋までの交通費は とりあえず立て替えで、仕事を始めたら返すと言う事だった。
トコトン人を信用しない会社なんだなと思いつつも、早く住居等の生活基盤が欲しいと言う事で

名古屋に向かった。
[1-3]

←前へ|次へ→
序章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。