2009年08月22日

崩壊の序章

ボーカル候補で来た奴は…
みんな結構本気になってた所に、亀裂を入れただけだった。

ボーカルとしての力量や感性は多分無かったであろう。
ルックス的に魅力があった訳でもない。
てかルックス的にはバンド中最下位と言ってもよかった。

そして、どう見てもカラオケレベルの歌い方…
サザンが好きだったらしい。

どーゆう募集で彼が来たのかは知らんが…
オレとドラマーは彼じゃ駄目という事で意見が一致した。
だがリーダーとリードギターの二人で、とりあえず やって貰うと勝手に決め、メンバーに入れてしまった。
オレは少ししか反発しなかったが…
ドラマーのK君は猛反対したようだった。
当然だなと思ったが…

なんと!
ドラマーのK君が脱退するという所まで、話しは発展してしまった。

そして…
結局K君の意見は取り入れられず脱退してしまった。
オレは
『あんなボーカルいらんから、ドラムのK君を呼び戻そう』
と、言ったがリーダーはドラマーを呼び戻す事をしなかった。
でも、ボーカルの採用は辞めてくれた。

とりあえず三人で再スタートを切る事になった。
[2-5]

←前へ|次へ→
2章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。