2009年08月26日

新ギタリストと今井脱退

新ギタリストは、広島出身で印刷工場勤めの、中々ルックス的にはロックな奴だった。

そして音を合わせた。
オレ的には、全然納得行かなかったが、周りは皆納得したらしく、彼を正式にリードギタリストにした。
オリジナルにも適当にだが、即席で合わせられる位の知識、腕もあった。
ここで存在が薄くなっていた今井だったが、早速いじめられっ子キャラが目立つ様になり、リーダーやオレから蹴りを喰らったりしてた。

新ギタリストの彼は
『そんなんでいいの?w』
等言ってたが
リーダーとオレの虐めはエスカレートするだけであった。

この時、リーダーが今井に向けて突然言った言葉…

リーダー『お前んち別荘あるだろ』


今井『はい…』


???????

だが、この何気ない会話が、後々今井のイメージを決定付ける事になる等、この時は誰も考えていなかった。
まぁ、とりあえず大きな問題は無いだろうと言う事で、リードギタリストは彼(名前忘れた)に決め、次週から新曲に取り掛かる事にした。
オレは皆に新曲のデモを渡した。
リーダーは今井だけに
『歌詞はオレが書いて来たから、とりあえずメロディは自分で考えてみろ。出来ないって言うんならオレの歌メロを使う』
と言い歌詞を渡した。

が…
この歌詞は今井に取って、とても歌える様な内容の歌詞ではなかったらしかった…
その週の水曜位に脱退したいとリーダーの所にメールが入ったらしい。

そして…
今井は早速脱退した。
その元になった曲の音源は、手元に残ってないので全文を紹介する事は出来ないが
少し紹介すると…
歌い出しに
『べろべろば〜ハイハイここまでおいで』
だとか
『わけわからんチンチン』
だとか
まぁ、彼らしい歌詞だったが、童貞の今井には無理だったのだろう。

また新たにボーカルを探す事にした。
[2-9]

←前へ|次へ→
2章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。