2009年09月06日

今井登場

女ボーカルバンドの事は忘れ、このバンドに専念しようと思った。
そして二代目仮ボーカルの今井を呼んだ。

相変わらず童貞っぽい。
今井はアナムより一つ年上だった。
だが、すっかりアナムに貫禄負けしてた。

オレは、とりあえず今井に
『ビール買って来い!』
と買いに行かせた。
『なんすか!パシリすか!』
今井は不満垂れつつも買いに行きコタローを待った。

そしてコタローが来た。
来て今井を見た瞬間コタローは…

『えー?こいつ?』
と言ったかは忘れたが、そんな顔をしてた。
とりあえず皆揃った所でスタジオに向かった。

スタジオに入ると今井は
『ちょっと何曲かやって見て下さい』
と言うのでチャイニーズロックと電撃BOPを三人でやった。
今井は
『ふーん』
と何か不満そうだった。
『テメー不満そうな顔してねーで歌ってみろ!』
オレはそう言い、今井を混ぜた四人でやってみた。
見た目は悪くなるが、音的には演奏に集中出来る分、オレもアナムもいい感じだったので、オレは今井に
『とりあえず入れよ』
と言い今井も承諾した。

だが、オレは間髪入れずに今井に

『仮な』

と、言って今井も渋々だが納得した様だった。

そしてカバー曲のレパートリーも20曲近く出来たし、そろそろオリジナル作りに移行だな、と思い曲を練り出した。
アナムも同じ考えだったらしく
『暇な時ラモんち行くね』
と言いオリジナル作りに協力的だった。

オレの家でアナムと二人オリジナル作りに取り掛かるのであった。
[3-7]

←前へ|次へ→
3章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。