2009年09月08日

オレ達は"NK SMITH"だ

スタジオで今井とコタローにオリジナルの仮トラックを聴かせた。
『いいんじゃない!』
確かそんな反応だったと思うw
とりあえず、これをやろう!
と、話し今井に本歌詞作りを任せた。

あと、まだこれじゃ足りないんで、前に作った曲をセルフカバーしようとも話した。
今井が
『スシ(前バンドの曲)なんかイケるんじゃないですか?』
と奨めて来たが
オレは
『お前辞めてから もっと良い曲作ったから、それをやる』
と言って今井の意見を退けた。

だが、前バンドの曲は、作曲オレとは言え作詞は全部玉君だったし、今は別のバンドだ。
無断使用も悪いしなと思ったが…
『そうだ!今井新しい歌詞書いて来い!』
そう言って三曲のデモを渡した。
今井が書いた歌詞等聴いた事もなかったが、歌唄う奴が書いた方が覚える手間も無いし、良いだろと考え今井に歌詞を全て任せた。

そしてアナムはずっと

『あ〜早くライブやりて〜』

と言う様になり
『オリジナル少し出来るまで我慢しててくれ』
とオレはアナムを なだめたが…
言う事を聞くタマではなかった。

なんと!!

勝手にライブを決めてしまったのであるw
『まだバンド名も決まってないんだぜ!』
でも決めてしまったものは仕方がない。
やるしかない。
走り出したら止まれないのです。

オレ等はオリジナルの完成とバンド名を決めるのを急いだ。
それとは別に、オレは以前鮎川誠氏の著書
「DOS/V BLUES」
を読んで、バンドホムペに凄く興味があったので、適当に探して来たサイト"VIP"上に仮のホムペを作ってみた。

そしてアナムに連絡し
『ちょっと暇だから飲み行こう!奢るよ!』
と、言って西川口の居酒屋に呼んだ。
呼んだのはバンド名を考える為でもあった。
とりあえず、二人で色々考えた。
バンドの始まりは西川口からだから最初の文字はNKにするか〜
と、オレは冗談まじりで言ってみた。
ここでも前バンドリーダー玉君の発言を、オレが思い出した節がある。
玉君にオレが
『西川口はオレの遊び場だ!』
と語った所
『NKですね!』
と切り返してたのを思い出し、調度西川口で飲んでいた事もあり、頭に来る文字を

『NK』

に決めた。
そして後ろに来る文字を決めに入った。
NKピストルズ
NKマシンガンズ
NKドールズ
等、聞いた事ある様な名前ばっか出て来た。
オレは、地元で数少なく連絡を取っていて、しかもオレの娘の名付け親である女友達の敦子に、冗談半分メールで相談してみた。
『頭のNKは決まってるんだけど何かいい名前ないかな〜?』

敦子はこう言った。

『スミスにしなよ〜』

『は?何で?』

『エアロスミスのスミス〜よくカラオケで歌ってたじゃん』
確かにオレは、ヤクザ者の先輩にアルマゲドン主題歌をよく歌わされてた。

NKスミスか…

アナムと二人顔を見合わせて悩んだ。
確かにオレは初期エアロスミス好きだし、生エアロも前年のロックオデッセイで見てた。
NKスミスか…
でも、昔を考えればエアロスミスはNYドールズのライバルだったし、"NK"ってNYドールズの"NY"っぽいし!
二人は酒が入ってるせいか良い方に考え、段々"NKスミス"と言う名を気に入って来てしまった。

よし!!


NK SMITH


で行こう!
こーして名前は決まった。
オレはアナムに
『さあ!飲もう!』
と言ったがアナムは
『オレもう無理…』
そっか…
弱いんだった…
オレ等は、かなり早い時間だったが、お互いの家に帰る事にした。
それにしても、敦子には名付けで二度も世話になった。
そのうち恩返ししようと思いつつも、まだしていない。

だが、こうしてオレ等は

NK SMITHとしてスタートする事になった。


三章終わり
[3-9]

←前へ|次へ→
3章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。