2009年09月14日

ぶっ飛ばすぞ!

オレの この日の酒量は底無しだった。
オレ的にもライブをやるのは久しぶりだったので、興奮してた所もあるようだ。

そして…
アナムがサイトを通して仲良くなったと言うヤス(現ゼンカマンズ)と対面した。
ヤスは、NK SMITHのライブを最初から最後まで見届ける事になる。

そしてコタローや今井もリハ見学してたが、終わった様で、皆外に集まって話しをしてた。
そして、今井が年上で初対面のヤスに対して、タメ口で喋り出したのにオレは腹が立ち

テメー今井の癖に何タメ口きいてんだ!

ビール買って来い!


と軽く蹴りを入れ、今井は嫌々ながらビールを買いに行った。
ヤスは恐縮しながら
『そんなので いいんですか?』
など言ってたが、この日のオレは酒も沢山入り、チンピラそのものだった。
そして今井が酒買いから帰って来ると、やはり今井のルックスが気に入らない。
アナムと二人で今井を美容院の前まで連れて行き、金を渡し…

『おい!金髪にして来い!』

嫌がる今井だったが、二人相当今井のルックスに不満だった。

だが結局今井は何もしなかった。
音楽やるのにルックスは関係ないと思っていたのだろう。
その考えは別に悪くないが、周りとルックスの格差を生む。
バンドマンとしては別に問題ないが、ロックンローラーとして今井は失格であった。
オレ等はライブ直前まで考えを改めない今井に腹が立ったが
"しょうがないボーカルだし"
と諦めた。

そして、皆の所へ戻って行くと、今度は
『何の曲をやるんですか?』
と言う話しになっていた。
オレは
『とりあえず皆知ってる様なメジャーな初期パンクカバーだよ。ラモーンズとかの』
だが、その何気ない言葉がサユリチャンに火をつけた様だった。

『あたしにラモーンズ歌わせて!』

『いいよ』

オレは、即答し曲順を全部教えてやった。

そこに今井が口を出して来た。
『ボーカルの僕は何してりゃいいんですか?』
『知らねーよ。自分で考えろよ』
オレは、この日"今井はもう要らねー"と考えてた様だ。
開場直前でも今井のルックスに不満だったようだ。
そして、オレと同じ会社で鬱病の熊谷サン、先週ライブに お邪魔したバンドのメンバーの人、友人シノミー&マスミチャン、他大勢の友人達が、オレ等の初ライブに駆け付けてくれた。

開場直前だったが…

オレは、まだ酒を飲み続けていた。
[4-6]

←前へ|次へ→
4章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。