2009年09月18日

あとの祭

結局ライブ代金を踏み倒したと思ったツモりだった訳だが…
詳しくはわからないけど、どーやら今井とコタローが払った様な話しを後々に聞いた。
このバンドでオレは最年長であったが、4歳下?のコタローには随分助けられた気がする。
コタローは酒が飲めない事で、随分損な役割だったかも知れない。

オレ等は店を出て上の路上に溜まった。

でサユリチャンが第一声に

『あんたら!めちゃめちゃおもろいやん!めちゃめちゃパンクやん!』

楽しんでくれた様だった。
そして鬱病の熊谷サンも

『キャバクラ行くより面白かったっす!』

楽しんでくれた様だった。
まともなライブを期待してた人達には悪い事をしたが、少数でも楽しんでくれた人が居てくれた事に、オレは救われた気がする。

だが、オレ等を目障りだと思ったのは、ライブハウスに居た連中だけでは無かった様だ。
路上で話しをしていると、ライブハウス隣の韓国料理店だかの店員の奴に、文句を言われたのだ。
文句を言われたのはオレと熊谷サンだった。
結構コノヤローと思う様な酷い事を言われたが…
暴れ疲れたオレは
『ごめんね。もう行くよ』
と大人な対応をした。
あとから聞いた話しだと、その店員はライブ関係者には誰にでも同じ様な文句を言うらしい。

オレ等はオレ、アナム、とライブを見に来てくれたサユリチャン、熊谷サン、QUEENコピバンの人、五人で居酒屋に移動し飲んだ。
もう、この辺りは酔いが完全に廻ってて、あまり記憶がない。
ただ…サユリチャンは顔が真っ赤だった。
QUEENコピバンの人は寝てた。
そして皆、解散する事にした。

だが、オレと熊谷サンは何処かへ移動し、更に二人で飲み続けた。
そして、いつ熊谷サンと別れたか わからないが、オレは一人歩いていた。
もう何処だかも わからなかった。
だが腹が減ったので、近くにあったラーメン屋に入りラーメンを食った。

そこで時間を見ようと携帯を探したが…

ない…( ̄□ ̄;)

多分…ライブハウスに忘れたんだ…
よりによってだった。
オレは落とした携帯は諦める事にした。

そしてラーメン屋を出ると…
外は雨だった。
オレは、ここが何処だか全然わからなかったが…
BIG10のベンチで雨宿りが出来たので、そこで数時間寝た。
そして少し明るくなり起きたオレは、歩き出し池袋に居る事に気付いた。
駅まで歩き埼京線に乗り家に帰った。

初めて自分の意思で作ったバンド…

NK SMITHは

走り出したばかりだった。


四章終わり
[4-10]

←前へ|次へ→
4章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。