2009年09月21日

アナムの怪我と今井

エロ地下ナイトが迫って来て、バンドにも緊張感が出て来た時…
アナムが、突然左手指をドアに挟み、怪我をしてスタジオに やって来た。
『ライブ近いけど大丈夫?』
オレとコタローは心配したが、アナムは…
『大丈夫だよ多分。』
そうは言っていたが、爪とか青くなってて痛そうだった。
だが、骨などには異状は無いみたいで、とりあえず安心だった。
『今日は余り無理すんなよ練習だし』
オレとコタローは、そうアナムに声を掛け練習に入った。

エロ地下用のセットはハッキリ覚えてないが、ラモーンズのロックンロールレディオから入り、ピストルズ、ジョニサン、クラッシュ、ラモーンズの皆が知ってる様な曲に、オリジナル2曲を加えた30分13曲をノンストップMC無しで行くつもりだったと思う。
カバー集大成の様な形でやりたかったと思う。
そして今井が来て練習を始めた。

ロックンロールレディオからである。
オレ等は、ロックンロールレディオの前奏メロディの部分をベースが弾く取り決めでやっていた。
だが、アナムが左指を怪我していた為、オレはアナムに目配せをしてギターで弾いた。

そして曲が終わった直後…

そこベースでしょ!

突然今井はキレた。
とりあえず、オレは今井に蹴りを ぶち込んだ。
今井もアナムが怪我をしてる事が、やっとわかったらしく、一応謝っていたが、なんか納得行かない様だった。

そして練習を終わらせ、皆でミーティングみたいな事をした。

今井は何も言わなかった。

仕切るのが好きな今井が何も言わなかった。

ハッキリ覚えてはいないが多分…

この日が今井の最期であった。

11111111.jpg

[5-3]

←前へ|次へ→
5章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。