2009年09月25日

ここからが勝負

オレ等の出番が来てセッティングをした。

この場所はギターアンプが右側にあり、オレとアナムには不慣れな位置だった。
ラモーンズポジションである。
それに、ドラムセットに至ってもワンタムしかない。

コタローはオレ等に
『オレ、ワンタムなんて初めてなんだけど…適当でも思い切りの方がいい?』

『当然w』

パンクバンドは適当でも思い切りならいい。
正確な演奏などクソ喰らえだ。

最初の曲はロックンロールレディオ。
オレとアナムはドラムに合わせて跳びはねた。

が…
目の前には椅子が並び、皆座ってジーッとオレ等を見てる。
オレは、蹴り飛ばしたい衝動に駆られたが我慢した。
『今日は演奏をしっかりやろう』
自分的には不十分な出来だった。
スタジオで練習してる気分だった。
アナムも そーゆう感じだった。
曲間にオレはアナムに耳打ちした。
『しょうがないよ今日は。真面目にやるか…』
とりあえず演奏だけに集中した。

だが、お客さんの反応は別に悪くは無かった。
オレ等は少し大人し目の
ラモーンズ『KKK』や、クラッシュ『ガレージランド』
などを織り交ぜながら曲を こなしていった。

そして、何曲目だかに突然、オレのギターのチューニングが狂った。
いくら直しても狂う。
2曲位演奏した後に、ブリッジから弦が外れてるのに気が付いた…
いつもだったら、気にならない事が気になる。
演奏に集中するのは別に悪い事ではないが、やはり小さく縮こまってしまう。
だが何とかオリジナルを含む全曲を完奏させた。

そしてステージを降りようとした所、お約束っぽいがアンコールが沸き起こった。
もういいよ…

と思ったが、やらなきゃ駄目なようだった。
何にするかな…
ふと浮かんだ。

『アナーキー!w』

ピストルズの曲の方である。
オレ等三人のスタート地点。
オレ等の勝負は ここからだ!
そーゆう意味も込めて、アナーキーインザUKを やる事にした。
もう疲れていたが、最後の力を振り絞った。

そしてコタローがカウントをした。

1,2,3,4,

『ジャジャジャジャジャジャジャジャジャーン!!!』


うぉぉぉお!!

もう客や周りなんて関係なかった。
思い切り弾いた。
思い切り叫んだ。

そうだった…
オレ等はパンクバンドだったんだ!
最後に大事な事を、この曲で思い出した気がする。
オレ等三人の本当のスタートだった。

そして演奏が終わり、オレは大事な事を思い出させてくれた、お客さんや企画者の69に対して、礼の意味を込めて何年か振りの お辞儀をした。

こうしてエロ地下ナイトは幕を閉じた。
edfgt.jpg
[5-7]

←前へ|次へ→
5章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。