2009年09月26日

コンビニで打ち上げ

無事ライブが終了し、オレ等は69の皆さんに礼を言い、笑顔で別れた。
そして、オレは誰かの小さな娘サンに、その日掛けてたサングラスをあげた。
オレの娘より小さい子だった。
何故か、その娘サンを見て自分の娘を思い出した。

そして、客で来てくれた皆と写真を撮ったり、話ししたりで盛り上がった。
オレはカウンターに居た熊谷サンに声を掛けた。
熊谷サンは店のマスターに、かなり気に入られてた。
後から聞くと、この日熊谷サンは一人で二万円の金を使ったらしい!w
他の人は皆飲まず食わずだったらしく、売上に貢献し過ぎて店の人に気に入られた様だ。
ポーカーで八万だか買ったと言ってたが、オレは笑いながら熊谷サンに
『熊谷サン!使いすぎだよw』
そう言った。
打ち上げがある訳でもなさそうなので、オレ等は全員店の外に出た。

そして、コンビニに行き酒を買い、路上にてオレ、コタロー、アナム、ヤス、熊谷サン、ダイ君で打ち上げをした。
やはり完奏した事で、コタローとアナムも達成感もあった様だった。
皆で話し笑い、路上とは言え楽しい打ち上げだった。
そして、ダイ君はバイトがあるからと先に帰った。
オレ等も、終電無くなると行けないからと帰路に着いた。
途中迄は皆一緒だ。
アナムと熊谷サンは次の日仕事だと言ってた。
そうだ。このライブは確か11/23の祝日だった。
死んでしまったが、オレを1番可愛がってくれてた婆ちゃんの誕生日だった。
婆ちゃんがオレにアナーキーを演奏させてくれたのかもね。

色々考えながらオレは帰ろうとしてた所…
『熊谷サンは乗り換えじゃないの?』

??(゜Q。)??

完全に酔っ払いだったw

だがヤスが
『いいよ!ウチに泊めて上げるよ』
そう言ってくれたので
『じゃあオレもヤスんち泊まるわ』
泊まる必要は無かったが熊谷サンと一緒に泊めて貰った。
そして三人西川口で降りアナムと別れ、ヤスの家まで歩いた。
ヤスの家でもビールを飲み、ヤスがギターを弾いたり熊谷サンがオレの帽子やフサフサなどを着け写真を撮ったりしてた。

そして、いつの間にか寝た。

今井の存在も…

この日のライブで、皆の記憶から消えていった。


五章終わり
[5-8]

←前へ|次へ→
5章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。