2009年09月27日

鬱病発病

[6章]今井の置き土産


エロ地下終了後…
オレと熊谷サンはヤスの家に泊めて貰った。
オレは休みを貰っていたからいいが、熊谷サンは次の日仕事だった。

だが…

寝坊した。

熊谷サンは起きて すぐに派遣会社の方に連絡を入れたが、熊谷サンは結構当日欠勤の常習者であった為

『またですか?』

そう言われ、始末書を書きに行かなくてはならなかった。
そして自己嫌悪に陥り…

鬱病が発病した。

Image001~00.jpgオレやアナムの真似してだか知らんが、剃刀で自分を切り刻む自傷行為に走った。
アナムは知らないが、オレのは ただの入れ墨代わりだ。
だが、熊谷サンは顔まで切り刻む様になってしまい、見ていられなかった。
オレ等のライブに来たばっかりに、鬱病が発病してしまったのである。
オレは責任を感じた。
だが、どうする事も出来ない。
出来る事と言えば見捨てない事だけだった。
だが、熊谷サンもマズイと思ったのか、少し強い抗鬱剤を飲み、仕事中居眠りをしてしまう事は多くなったが、オレは黙認した。
そして、少し良くなって来た様で顔を切り刻んだりするのを止めてくれた。
とりあえず一安心だった。

そして、アナムが次のライブの話しを持って来た。
赤坂だった。
『オレ…赤坂なんてBLITZしか知らないぞw』
そうは言ったものの、ここのライブハウス?バー?だかは、ノルマが凄く安く、しかも土曜日のライブだったので、オレ等は出る事にした。

2006年は赤坂JAKA’Zからのスタートと決まった。
[6-1]

←前へ|次へ→
6章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。