2009年09月29日

あの野郎…

電話の相手は、新大久保のライブハウスからだった。
『もしもし…ラモさんですか?』
『はい…』
『新大久保のライブハウスの者ですけど、アンプの修理代の件で電話したんですけど…』
『………』
忘れてた。
すっかりオレの中では終わった事だった。

オレは、とりあえず惚けた。
『人違いじゃねーのか?』
『いえ。ちゃんとした話ししようと思って電話しました。
最初は今井サンと話ししていたんですが、今井サン連絡取れないんですよね〜だから、あなたに電話しました。
あなたも大人なんだからわかるでしょ?』
そんな事は関係無い。
オレは今井が、オレの電話番号を教えて逃げ出したのに腹が立った。
そして相手にはこう言った。
『悪戯電話か!このやろー!切るぞ!ガシャン!!』
切ってまたすぐ電話が掛かって来たが、オレは無視した。


今井…(−_−#)


オレは、すぐに今井にメールを入れた。
『テメー人の電話番号教えてんじゃねーぞ!テメー自分で責任被ったんだから最後まで責任もて!』
当然だが返事はなかった。

オレはライブを申し込んだアナムにも連絡が来てるんじゃないかと思い、聞いてみた。

アナムは…
『オレん所にも来てるみたいだけど無視してる。
てより…

電話止まってるしw

心配は無用だったようだ。

オレは別に金払ったり捕まったりする事は、そんな嫌ではなかったが…

今井が完全に裏切った事に腹が立った。


だが、しばらくライブハウスからの連絡もなかったので、オレ等は普通に練習に入った。
[6-3]

←前へ|次へ→
6章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。