2009年10月03日

赤坂JAkA'Z

初めての1番手スタートだった。

着席ライブだったが、前回のライブ同様、座ってジーっと見られるのも嫌だし、オレ等もテンション上がらない…腹が立つって事で最初から皆に立って貰った。
セットは もう覚えていないが、オリジナル3曲にカバー曲でライブを進めた。
ギターアンプなど納得行かないものもあったが、新曲の評価も それなりに高くて良かった。
何よりも、過去二回に比べて、オレ等のテンションがダイレクトに伝わる距離感?狭い箱である事も幸いしてか、オレ等にも お客さんのノリがよく伝わった。
2006年一発目は、前回エロ地下から飛躍的なレベルUPをしたベストライブであった。

そして2番目はHRバンド。
オレは客で来てくれた皆に、挨拶して廻った。
そして、アナムの友達であるリンチャンが、オレに挨拶しに来てくれた。
オレは、ビールを飲みながらライブを見てた。

2番目のバンドは古いHRのカバーやオリジナルだった。
多分演出であろうが、ジーパンの尻ポケットから小瓶のバーボンを取り出し、一口飲むなんて事もやっていた…が
オレは、アンプの上に缶ビールを置き飲みながらやっていたので、彼等の演出的なものにリアルを感じる人も少なく、悪い事をしたなと思った。
だが、オレが好きであるGFRなどのカバーもやってて楽しめた。
アナムやヤス達も楽しんでいた様で、中々の盛り上がりを見せ、後からオレ等に礼を言いに来た。

そして3番目のバンド。
どーゆう音楽をやっていたか、全く記憶に残っていないが、客は凄い沢山いた。
狭い箱がギューギュー詰めなのである。

ただ、一つ彼等で印象に残っていた事は…

非常にMCが長い

って事だった。
オレ等だったら、その間に5曲は終わらせていたであろうと言うMCの長さに、オレ等ら全員飽きてしまい、表に出る事にした。

そして、全員で近所の"すき屋"に移動し、そこで打ち上げとなった。

そして皆気持ちよく帰って行った。
[7-2]

←前へ|次へ→
7章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。