2009年10月21日

お前等つまんねーんだバカヤロー

オリジナル5曲を終わらせオレ等はカバーに入った。
ジョニサンのワントラックマインドから始めた。

この月の二本のライブは、珍しくオレのボーカルの方がアナムより多かった。

オレはもう、正面に居た奴らと今度目を合わせたらキレる、と思いボーカル以外の時は隅っこで やる様にしていた。
ワントラックマインドの時もソロ中は、ずっと隅っこで下を向いていた。
そして、気付いたらアナムは客席に向かって暴言を吐いていた。

お前等つまんねーんだバカヤロー!!



オレもそう思った。

もういいや…
オレは諦めに入っていた。

だが…
ギターソロが終わり歌が三番に入ったところ、少し正面を向くと何故か…

アナム側が盛り上がっていた

何やったんだアナム?
オレは不思議に思った。
今までジーッと座って見ていた奴らが、いきなりノリ出したのだ。

そう思ってた次の瞬間…

ケンタが乱入してきた

おー?!
何やったんだ?アナム?
それは後からDVDを見て気が付いた。

だが、この瞬間

ライブの流れが変わった。



オレは歌と演奏に夢中だったが、二人がライブハウスの雰囲気を180゚変えた。

ここから本番だった。
[8-8]

←前へ|次へ→
8章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。