2009年10月22日

Anamu Is a Punk Rocker

アナムは余りのシラけた雰囲気に怒っていた。
特に、後ろに控えていた後続の女ボーカルJ-POPバンド達と、同じ位後ろに張り付いていた、オレ等の客…

ダイ君に怒っていた様だった。

アナムMC
動画:NK物語
動画


アナムが自然に自発的にやったMCだった。
この後のライブMCでもアナムが何回も言う言葉だったが、この時が初めてだった。

ライブは楽しくなきゃ

オレ等のライブでの意識が変わったのは、この瞬間からかも知れない。
この瞬間から活動休止まで皆楽しんでいたと思う。

そして、オレ等は場の雰囲気が180゚変わった所でラモーンズを連続三曲やった。
SHEENA IS A PUNK ROCKER/ベースを弾かずに飛び跳ねるアナム
動画:NK物語
動画

BEAT ON THE BRAT
動画:NK物語
動画


ベースを弾く気が全くないアナム


電撃BOP
動画:NK物語
動画

そして、オレ等の定番、高速化した"電撃BOP"をやり終え、アナムが喋り出した。
『来週ハードコアのイベントに出るからヨロシク!』
アナム ラスト曲前MC
動画:NK物語
動画


あっ、忘れてた!

VTS_01_2.vob_000422366.jpg体調不良のせいもあって、すっかり忘れてたが…
次こそ本番だった。
オレは最後の力を振り絞りクラッシュのトミーガンを思い切り弾いた。

そしてライブ終了。
オレ等は次の女ボーカルJ-POPバンドは見ず、打ち上げに行った。
コタローは友達と何処かに行き別れた。
そして養老の滝は、前回物を壊したので、逆側の居酒屋にアナム、オレ、ケンタやリンチャン等、友人併せて六人で行った。
オレは体調不良もあり余り飲めなかったが、皆は楽しく飲んでいた様だ。
そして終電前には帰った。

この日のライブはアナムとコタローに助けられた。
だが、次が本番。
オレ等は気を引き閉めて次に望んだ。

ちなみに、最前列に座っていた客は、コタローの友達だった。

ごめんねw
[8-9]

←前へ|次へ→
8章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。