2009年10月24日

国分寺 ROCK CITY

国分寺市は、RCサクセションの曲、多摩蘭坂(たまらん坂)に出て来たりするし、ZIGGYのデビューもモルガーナだったりする。
それにMAD3の本拠地だ。
LOST TOKYO

LOST TOKYO

  • アーティスト: MAD3
  • 出版社/メーカー: ROCK'N'ROLL KINGDOM
  • 発売日: 2006/10/10
  • メディア: CD


ロックな街と言えば、下北沢、高円寺などを思い付くが、国分寺も中々なもんである。

オレ等は、通りにある銀行前で適当に飲んでいた。
そして国分寺出身だか わからないけど、馴染みの深い忌野清志郎の話しなどをしていた。
アナムは、この時期RCにハマってると言っていて、オレは
『パンクなキヨシローって言ったらタイマーズだぜ!』
と言って奨めてた。
ザ・タイマーズ

ザ・タイマーズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD


後にテープ(アナムはMDを持っていなかった)に録音してあげたりした。

だが、アナムはタイマーズに影響された様な歌詞を書く事はなかった。
アナムの歌詞は、自分への不満やメッセージであって、世の中や政治に対してのアンチテーゼでは無かった。
それはオレが書いても一緒である。
コタローもクラッシュが好きだが、世の中や政治などへの不満話しを聞いた事は無い。
NKは基本的にロックンロールバンドな性格のバンドであった。
初期衝動重視で、根がチンピラなだけであった。
それを、パンクと判断するかしないかは、周囲の人の勝手な判断に任せるのが妥当だな。

三人で色々話しをしてる間に、OPEN時間が迫って来て、オレ等はモルガーナに戻って行った。

この日、オレ等が呼んだ客は平日って事もあり、二人だけだった。
出会ってから ほぼ毎回来てくれる友人のリンチャンと、オレの仕事仲間で宅録等の音楽活動をしていた千葉君だ。
彼とは数週間後に一緒にDISASTERSを見に行ったりした。

同じ仕事仲間と言うと…
鬱病の熊谷サン(六章参照)はどうしたのか?と思うが…
彼は欠勤が多く、派遣会社をクビになり、オレは電話番号などの交換をしていなく、残念ながら連絡つかず音信不通となってしまった。

生きていれば良いけど…

とりあえず二人は来てくれた。
[8-11]

←前へ|次へ→
8章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。