2009年11月08日

imagination2006企画

2006.12/10
オレ等はimagination2006企画

show you?〜あなた何色?3・14!

江古田クラブドロシーに出演する為、西武池袋線江古田駅で待ち合わせた。

最初の時点で気になったのは、やはりラモーンズカバーバンドのギャルバンだった。
ジョニサンカバーをセットに入れて曲が被らない様にしても良かったんだが…
オレ等は、この時期スピード感不足を かなりラモーンズカバーで補って来てたので、今更ラモーンズカバーを捨てる事は難しかった。
曲が被る事は、しょうがなしと考えライブに臨むしか無かった。
それに、前回国分寺ライブでノリ切れなかった事もあり、このライブは大事であった。
パンクとして生きられるかも賭けていた。
オレ等は完全アウェー気分喧嘩気分で、この企画に挑んだ。
ろくなライブ告知もせず、セットも9曲20分以内と言うスピードと勢いだけの勝負だ。
オレとアナムは武蔵浦和で待ち合わせ、戦場に向かう気で江古田駅の改札をくぐった。

そして、階段を降りようとした所…
楽器を持った女4人組が見えた。

『あれか…ラモーンズカバーバンド…』


可愛いじゃねーか^^;

オレ等はライブで多分、真性ギャルバンとの対バン経験がない…
つか女の客も少ないw
友人のリンチャン(ゼンカマンズ)位だ…
個人個人では女に免疫あっても、バンドとしては女に免疫がないのだ!

ちっ…まるで今井だぜ…

童貞気分だった…
まぁいいかw
オレとアナムは、そんな話しをしながらコタローの到着を待った。
そしてコタローも到着し、ライブハウスに向かった。

ライブハウスに入ると、企画者のリーダー伊田サンと江古田クラブドロシーのマネージャーが礼儀正しく挨拶に来てくれた。

感じがいいじゃねーか…

今までで1番感じの良い企画者とライブハウスマネージャーだった。
オレ等は臨戦体制バッチリ喧嘩も辞さない覚悟で来ていたので

出鼻をくじかれた感じだった…

ちなみに、この日の詳細は…


2006,12/10
[江古田クラブドロシー]
show you?〜あなた何色?3・14!

OPEN/START
18:00/18:30

1.valedz
2.Mama's girl
3.NK SMITH
4.imagination2006
5.BAD KIDS LABORS
6.original sin


なんと!

女ボーカルのバンドが3バンド!

オレ等全員…

今日は少し違うぞ…

そう思った。

そして、リハ前に全バンド集まった所、企画者とライブハウスマネージャーから丁寧な挨拶があった。

やっぱり今日はなんか違う!w

駅に着くまでの戦闘意識が、すっかり無くなってしまったのだ…
まぁいいやw

気持ちが緩んだ所で、オレはラモーンズカバーのギャルバン、ママズガールのGtの人に話し掛けて見た。

『あれ…ラモーンズやるんですよね?』
『はい…そちらもラモーンズやるんですよね?』

どうやら、少し予備知識を持ってくれていた様だったw
そこで何故か調子に乗ったアナムが言い出した。

『きょ、今日はママズが出るからオレ等も出る事にしたんです!!』

うわっ!調子いい…

少し照れ気味に話すアナムであったw

オレは
こいつホントは…ギャルバンと対バンしたかっただけなんじゃねーか?!
そう勘繰った。
そして、他のママズガールメンバーとも話し徐々に打ち解けていった。
そしてオレは大事な事を口に出した。
『ウチらは今日ラモーンズ2曲、ジュディと電撃やるけど、被るの有りますか?』
お互い1番気になる所だっただろう。
すると、やはり電撃が被ると言う事だった…
しかも一曲目に やると言う事だった。
電撃はオレ等に取って、それまで最初のライブこそ演奏中止でやらなかったが、毎回セットから外した事のない大切な曲だった。

オレは
『まぁ…しょうがないねw』
電撃が被るのは、ラモーンズカバーを やる者同士しかたない事だった。
実際、7月の国分寺でラモーンズ系バンドではないパンキーストライクと電撃が被った事がある。
オレは他が被らない事で安心し、リハ前から飲みに走った。

そして、リハ。
とりあえず、いつも通りリバーブ以外全開でセッティングした。
そして一曲演奏すると…
PAの人にマスターボリュームを下げてくれと言われ、不本意だが半分まで一気に下げ音を鳴らした。
だが、まだ下げてくれと言うので音を鳴らしながら下げて行き、最終的にはマスターボリュームのメモリ2まで下げられた。
しかし、自分の音もドラムもステージ上じゃハッキリ聞こえないのである。
皆、一緒だった様で首を捻ってばかりだ。
最終的にオレは面倒くさくなり
『もう、これでいいです…』
と言いリハを終了させた。
オレはコタローとアナムに
『そーゆう箱なんだよ』
と言い無理矢理納得させた。
そして次ラモーンズカバーギャルバンのママズガールのリハは見ず、オレはコンビニに酒を買いに行き、その場で飲んでいた。

そして、アナムとコタローもコンビニにやって来て雑談した。
そしてオレは言った。
『そーいや今日誰か客呼んだ?オレ一人も呼んでないぜw』
そしたら二人共…
『マジ?!オレも呼んでねーw』
初の予定客0だったw

まぁしょうがない…
告知してなかったんだからw
でも、出演者だけで満員になる様な狭い箱だった。
『いーよ。関係ねーよw』
やる気を無くした訳でなく、二月シブヤ楽器店以来の完全アウェーで、逆にオレ等の反骨精神に火が付き、やる気になっていた。
もう、あの頃とは違う…
全員そう思った。

オレ等はアウェーとなるライブハウスへ戻って行った。
[10-5]

←前へ|次へ→
10章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。