2009年11月10日

年末に向けて

NK2006年の活動は終わった。

一応、年初めに立てた
『楽曲の充実』
と言う目標はギリギリ達成した様に思う。
11月国分寺モルガーナのライブで、オリジナルとカバー曲の数が逆転した。
まだまだ、オリジナルのレパートリーを変えてライブやる程の数では無いが、何とかオリジナルバンドとして活動出来るレベルの曲数にはなった。
活動一年半にして、やっと他バンドと同じラインに立てる事になった。

何度も言うが…
ここからがホントのスタートであった。
まぁ、とりあえずNKの2006年は良い感じで終われたと思う。

と、思っていたのは…
オレとコタローだけの様であった。
NKサイトの掲示板に、妙に知らないバンド達からのカキコミが増えて来たのだ。
[NK旧掲示板]
オレは元を追ってみたが…
元は全部アナムの無差別カキコミだったw
余程、前回ライブで客を呼べなかったのが、悔しかったのだろう…
しかし!旧掲示板を見てわかる様に、ホント無差別、ノンジャンルに書き込んでいるw
オレは、ウザイのと恥ずかしさで掲示板を変えた
[現掲示板]
だが、気持ちも判らなくなかった。
最近特に思うのだが…
NKの音楽は、日本人向けではない。
メンバー個々を見ても、邦楽に詳しい奴はいない…
皆、洋楽からの影響ばかりなのだ。
まず曲を作るオレが、日本人好みのメロディーやコード進行を全く意識していない。
ってより、日本人曲っぽくならない様に意識していた。
これは前バンドから一貫していた。
メロディーよりロックンロール・ブルースフィーリング。
当時はブルーハーツもメロディー系だと思っていた。
まぁ今でもだけど…

とにかくNKの音楽性は、理解される事なく不人気だった。

しかし、それはしょうがない事だった。
理解される場や仲間を、捜すしかなかった。
そんな気持ちも含めて、オレは大晦日に、三軒茶屋ヘブンスドアで行われたDISASTERSのライブに行った。
[日記]
ケンタと知り合った事で、DISASTERSや、その周辺にいる仲間達と友人になる事が出来たのだが、この周辺の人達は、皆、音楽的趣味も意識も、オレに近いものがあり、どんどん仲良しになって行った。
DISASTERSの音源も貰ったが、凄くロックンロールだ。
レベルが高い。
そこらで活動しているアマチュアレベルの音源ではない。
オレは病気になってから、PCで音源の波形などを見る事が多くなったが、DISASTERSの音源は、ホントにギリギリのところでコントロールしてある素晴らしいものだ。dis se.jpg
DISASTERS/Broken Scam Kills
SoundEngene

その後のDISASTERS,Vo松木サンのバンドCHINESE BITCHを見ていないから何とも言えないが、解散が惜しまれるバンドだ。

そして、オレの2006年はJET BOYSのカウントダウンで終わった。


10章終わり
[10-7]

←前へ|次へ→
10章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。