2009年11月17日

留置場

二人共捕まり、留置場、警察署を別々にされた訳だが、オレは初めてではない。
こんな くだらん事件なら、10日1勾留罰金で出れるのは初めから わかっていた。
その後、罰金が払えなければ労役になるだけだった。
オレはジタバタせず、久々の留置場生活を満喫した。
取り調べに対しても、別に隠さなきゃならない事は、何もない。
だが、10日の勾留ってのは活動中バンドのNKに取って結構危機だった様だ。
二人揃ってスタジオ欠勤したり、携帯で連絡が取れない為、かなり周りに心配かけた様だ。
[NK掲示板]
しかし、10日間でも留置場ってとこは外部と連絡が取れない。
1人だけ、連絡先として捕まってる事を知らせる事が出来るが、オレはこの時自宅の電話番号さえ記憶に無かった…
携帯を見れば一発なのだが、留置場じゃ携帯など使わせてくれない。
電話番号を暗記しとかなきゃならないのだ。
昔は、電話番号全て暗記、又はアドレス帳に記入だったが…
これも時代の流れだろう。
オレは誰にも連絡を取らなかった。
ってより取れなかった。

10日後、罰金を払い釈放された。
釈放される1日前には留置場の警官が『明日釈放の可能性がある』と報せてくれ、押収した荷物の返還確認がある。
この釈放の可能性ってのは、下手な事をしなければ99%釈放される。
オレには下手な事をする理由は何も無かった。
くだらない事件だ。

アナムも同じ日にち同じ時間帯の釈放だった。
オレは、この日アナムと裁判所で会って話しもした。
『大丈夫か?留置場で虐められなかったか?』
等である。
アナムは留置場初体験だったが、大丈夫な様だった。

そして裁判所で別れた。


この後…


アナムに会う事はなかった…

[11-7]

←前へ|次へ→
11章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。