2009年11月19日

EKODA CHAMPION LEAGUE

NKの再始動は、江古田クラブドロシーからだった。
再始動と言っても、これは初めからカバーライブと位置付けていた事。
NK名義のライブで、オリジナルが1曲も入らないライブは初めてだった。
途中で中止となって演奏する事は なかったが、1番最初のライブでも、セットに2曲オリジナルが入っていた。

何故カバーライブにしたかと言うと…
コタローのカバー好きを満足させる為だ。
コタローは以前、『カバーやらなくなるんならオレ辞めるよ』などと吐かすほど、カバーに こだわりを持つドラマーだw
そして、二回程ケンタ&NKでスタジオに入ったが、その二回のスタジオに参加したアナムは不参加、オレは参加不参加の話しは聞いてなかった。

そしてアナムの代理ベーシストに、グリサンを迎え、ぶっつけ本番で挑んだ。
ケンタはリハ始まる前からテンション高かったが、オレ、グリサン、コタローは意外に冷静だった。
どうにでもなれって感じだったかなw
オレは前日痛めた足が物凄く痛く、グリサンは二日酔いって感じだった。
オレは、逮捕後の無職状態が続いていて、自分の分のノルマ代金がギリギリあるくらいだった。

グリサンに出演料を払う義理は全くないが…
とりあえず払って貰ったw
まぁこれは後に返したが。

そして、リハで初めて4人の音を併せた。
流石にグリサンも、NK流倍速ラモーンズには戸惑っていたが、特に問題は無い感じだった。
そして、いつも通りコンビニ前で酒を飲み時間を潰した。

この日の詳細↓↓

江古田クラブドロシー&FOO MOON企画

『EKODA CHAMPION LEAGUE』

18:00/18:30

1.NK SMITH&ケンタ、グリコ
2.Naughty John
3.CHERIO
4.FOO MOON


20090316223551_2.jpgドロシーと合同企画者のFOO MOONは、江古田じゃ人気バンドらしい。
だが、グリサンが加入した この日のNKは、いつも以上に感じの悪いバンドになっていた

グリサン
(Chinese Bitch静岡ツアーの写真)

確かに、いつも感じ悪いが、倍増した感じだな。
まぁ、いい意味でロックンロールである。
それとは逆に、ケンタは感じのいい好青年て感じだった。

多分…この日のライブはNK歴代ライブの中で、1番客が入ったライブだった。
しかもバラエティーに跳んでいた。
ケンタが呼んだDISASTERS、MOTOR SiXX関係の客、グリサンのGMRメンバー、そしてNKの客。
この日も確かノルマ以上は達成していた。

だが…
ライブ内容は良いとは言えなかった。
しょうがないが、急造バンドだ。
これくらいの客が、いつものNKライブで入っていれば、かなり楽なもんだっただろう。
そして、オレ等1番手が終わり、客で来てくれた皆は、他バンドを見る事なく、居酒屋の打ち上げに移動した。
ハッキリ言って…
オレ等NKが、この企画に呼ばれたのは、自分達のライブが終わったあと、盛り上げに参加してたのが評価されてだw
だが、今まで盛り上げに参加したってか、ライブが終わっても、その場で飲み続けたのは、客を呼んでいなかったせいだw
この日の企画者より客が入っていたから、その場に留まり飲み続ける必要も無かった。
NKは、この日以降、江古田クラブドロシーから出演の依頼が来る事は無かった。
まぁNK自体が不安定だった事もあるが…
そして、最後コタローも加わり、打ち上げは盛り上がった。
値段も、かなり高かったw
そして、客で来てくれた友人達、グリサン、オレ、埼玉浦和方面の人は、皆ワイルドサン宅で二次会をやった。
で、朝方、グリサン、ヤス、オレの三人で、それぞれ自宅へと帰った。
この日のライブは成功とは言い難いが、楽しかった一日だ。

新たなNKが始まる予感がした。


11章終わり
[11-9]

←前へ|次へ→
11章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。