2009年11月20日

越谷メンフィスに向けて

[12章]ゼンカマンズ …アナム脱退


結局、前回江古田でのカバーライブ後、アナムの携帯が復活し、皆にメールを寄越した。
で、掲示板にも書き込みがあった。
[アナム逮捕後初書き込み]
だが、罰金支払いの関係で、6月まではライブが出来ない様だった。

オレ等NKのライブ予定は、決まっていたもので残すとこ、あと一本。
このライブは、友人レノ(ゼンカマンズ)の誘いからだったのだが、レノは最初NKの一員としてのライブを望んでいたらしいが、NKに入る余地は無かった。
だから、前半NK3人で数曲やり、後半レノを入れ、これもまたコタローのカバー好きを満足させるべく、クラッシュのカバーをやろうとしてた。
ハッキリ言えば、オレとアナムは余りクラッシュが好きではない。
だが、コタローはクラッシュが1番好きであった。
オレとアナムは、ここで苦手なクラッシュを全部吐き出してしまおうと考えが一致した。
クラッシュの曲は、歌詞を覚えるのも怠かった。
調度よかった訳だ。
だが、逮捕事件によって、最初の計画通りには行かなかった。
なので、全曲クラッシュカバーで行こうと言う方針になった。
それと、対バンを予定していた馬鹿キャロルコヒバンと喧嘩になり、出演中止、他の対バンも探す羽目になった。
だが、対バンは以前から、いつか対バンしようと言っていた、前回江古田でカバーライブを一緒にやった、ケンタ達のMOTOR SiXXに声を掛け、早々に決まった。
これは、ありがたい事だった。
だが、アナムの代わりのベーシストに誰を呼ぶか迷った。
前回の様にグリサンに出てもらうとも考えたが、グリサンは自分のバンドGMRがあった。
それにグリサンは、以前、NKにベーシストとして加入しても良い、と言う話しもしてたので、今回の様なカバーライブじゃなく、正式なNKのライブとしての参加をオレは望んでた。
なので…
クラッシュが好きなベーシストとして、NK繋がりでは紅一点の友人"リンチャン"を思い付き、オレはメールをしてみた。
ハッキリ言って、この時点でリンチャンの実力は未知数だった。

だが、カバーライブだし気楽に行こうと言う気持ちもあり、お願いした。
[12-1]

←前へ|次へ→
12章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。