2009年11月25日

再始動に向けて

[13章]無期限活動休止


アナム脱退で、一度は解散を宣言したものの、コタローの猛反対で、オレは二三日して解散を撤回した。
だが、3ピースでの活動は諦める様かも知れないと思っていた。
その時点で、オレには単独ボーカルを入れるツモりは無かった。

ギター二本。

オレがサブボーカルとして、まずボーカルギター希望者を募集する事を考えた。
最終的には、ハートブレイカーズの様なスタイルを目指すツモりだったが、オレは以前からやってみたいと考えていた、ジョンスペスタイルを、とりあえず目指す事に決めた。

Plastic Fang

Plastic Fang

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wea International
  • 発売日: 2002/04/09
  • メディア: CD


この時点ではコタローに相談無しだった。

で、オレの解散宣言ブログを読んだ、友人ワイルドサン(exディザ)や、前回一緒にライブをやったグリサンから、飲みの誘いがあったので、ワイルドサン宅に行った。
[ブログでの解散宣言]
そこで、ディザも解散てのを初めて聞いた。
ディザ程のバンドでも解散してしまうのが、バンドの世界だ。
今回のアナム脱退も良くある話しだった。
そして、グリサンのGMRも次期に解散だと言う話しも聞いた。
オレはアナムに代わるベーシストは、音楽性も近いグリサンしかいないと思っていた。
そして、グリサンもNK入りは満更でも無いってより、入っても良いと言う話しだった。
だが、オレはギターをもう一人とりあえず決めたかった。
だから先にギターを探させて試させてくれと、グリサンにはNK入りを保留にして貰った。
だが、入ってくれると言う話しで、ベーシストを探す必要は無くなった。

20090317074116_2.jpgそして、アナム脱退後、初のスタジオ練習の日。
オレはNKになってから初めてテレキャスターを使う事にした。
ギター二本なら、当然使いたいと思っていた。
まぁそれは、もう一人ギターが入ってから、相性で決めるものだ。
だが、とりあえず現段階でのテレキャスの音作りもしておこうと思い、スタジオに持って行った。
テレキャスをマーシャルに繋ぐのは、実はこの時が初めてだった。
NK時代のオレしか知らない人にはオレが長年テレキャスを使っていた事は意外かも知れない。
だが、自分ではテレキャスとフェンダーアンプの組み合わせこそ自分の音だと思っていた。
NKライブでは使っていないが、アンプもフェンダー派だった。
どこにでもフェンダーアンプが置いてある訳じゃないのが残念だが、フェンダーアンプとSGを組み合わせた音で今井を唸らせた事がある。
オレに取ってギターアンプは、マーシャルよりフェンダーだ。
フェンダーアンプを使ってこそオレの本当に望む音が出る。
しかし、マーシャルとテレキャスの相性は最悪と言って良かったw
やはりテレキャスを使うならフェンダーアンプに限る。
でも、しばらくはテレキャスとマーシャルの組み合わせを研究してみようと思った。

スタジオでコタローを待つ事、約30分が経過した…
いつになってもコタローは来ないので、おかしいと思い、コタローに電話を掛けて見た。

すると…

『え?今日あるの?キャンセルだと思っていた』



スタジオのキャンセルは基本一週間前だ。
二三日前にアナム脱退になったので、スタジオをキャンセルする暇も無かったのでオレはスタジオに来ていた。
しょうがなく、金の持ち合わせが無かったオレは、この日のスタジオを、その場でキャンセルし後日支払いに来ると店にツケをした。
3日後、オレはスタジオ代を払いに行った。
この日のキャンセル料は未だコタローから支払われてはいない…

しかし、このオレ一人でスタジオ入りした時が、NK SMITHとして最後の活動になるなど…

この時は誰も思ってなかった。
[13-1]

←前へ|次へ→
13章TOP
ブログランキング・にほんブログ村へ



TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。